旅ナビ[たびnavi.] -旅のノウハウや海外旅行情報、旅行記や祭りレポートなど、海外が身近に感じる体験談サイト。

サイトコンセプトリンクについてサイトマップ
たびnavi agoda 世界のホテルをオンライン予約
たびnavi.のTOP >  日記 > いても立ってもいられなくなってフリマに申し込みました。
  [概要: 「ガラクタ捨てれば自分が見える」 ええ、捨てますとも!!]

 いても立ってもいられなくなってフリマに申し込みました。


ガラクタ捨てれば自分が見える

ガラクタ捨てれば未来がひらける

 先日、何気なくアマゾンのサイトを開いていたとき、オススメ本としてこの二冊が表示されました。

 アマゾンは一度購入すると購入本の履歴が残り、それこそ購入者の好みの傾向にある本が「オススメ!」と表示されて怖いところもありますが、なんか、気になってしまって開いてしまった。
 その少し前にやたらと絶賛されていた風水の本を買ってみたので、それで出てきたらしいのだが。


 この本の口コミを見ていたらやたらに☆がたくさんついているし、みんな「読んでいる途中でも掃除がしたくてたまらなくなった」とかそういうコメントばかりで、気になってしまい、文庫本で高くなかったこともあり、結局、買ってしまいました(笑)

 著者はイギリス人の風水師らしいのですが、風水というと「中国」と勝手にイメージしているので、その辺りがしっくり来なかったのですが、この本はそもそも風水というよりも整理術の本。

 整理術というと綺麗な片づけ方とかテクニックとかの本かと思われがちですが、そうではありません。

「不要品にはよどんだエネルギーがあって、アナタを不幸にしているからさっさと処分しなさい!」

 簡単に言えばこういう感じ。いちいち書いてあることに納得してしまいました。

 
 ごみためが常に自分の目にはいると、意識してなくても必ず自分の中によどんだイヤな感情が残るから良くないとかいうのもなるほどなぁと思ったのですが、最も衝撃を受けたフレーズがこれ。


「痩せたら着ようと思って捨てられずにいる服を持っているアナタ。その服が日の目を見ることは残念ながらまずありません」

「着れなくなった服は処分して、今の自分に似合った服を買いなさい。そうすれば自分に自信が持てて、気持ちが晴れやかになり、自然と痩せていきます!」

 いやーー、これ、衝撃受けませんか?


 私は今の自分の体型がイヤで、着やせする隠す服ばかりを選んでいました。
 ほんとはこういう格好が好きではない癖に。

 そして、もはや年齢的に着れない服や、当時の私としては高かったので、勿体なくて捨てられなかった服を処分する決心がつきました。

 持っていても仕方がないのはわかっていたのだが、今まで捨てられなかったのです。


 去年引っ越しをしたときに、本当に本当に着ない服は、ボランティア団体に寄付してしまいましたが(作業して頂く方への感謝の意味も込めて送料はちょっと上乗せしてみた)、今回はもうちょっと日本の方の好みにも合うと思われるので、10年以上ぶりにフリーマーケットに申し込んでしまった。

 そして、フリーマーケットで出来たお金を送料に充てて、改めてまた海外支援団体の方にお手伝い頂こうと思います。デザインが奇抜な訳でもなく、普通に着れる服なんだもん。私に似合わないというだけで。


 うちの母にフリマの手伝いを頼んだら(←1人だとトイレとかいけなくて困るから)

 「あ、この前パチンコの福袋に入っていたミキサー要らないのよ。それも出して!」

 と言われました。

 新品だから捨てるのもったいな~いと家の隅で埃をかぶっていたとのことです。どこの家庭でもいろいろありますよね。きっと。

 
 友達と一緒に出品して、売れたお金で飲むってのも楽しそうだな~。


ご参考:

タグ:オススメ|ガラクタ捨てれば自分が見える|文庫|本

更新の励みになります。応援クリックよろしくお願いします。(^人^)感謝
にほんブログ村 旅行ブログへ 旅行・観光ガイド たびすまいる blogram投票ボタン

トラックバック

トラックバックURL:http://tabi-navis.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/20
いても立ってもいられなくなってフリマに申し込みました。 from 「たびnavi」 ひとりごとブログ
ガラクタ捨てれば自分が見えるガラクタ捨てれば未来がひらける 先日、何気なくアマゾンのサイトを開いていたとき、オススメ本としてこの二冊が表示されました。 ア... Tracked on 2007年10月22日
たびnavi.のTOP >  日記 > いても立ってもいられなくなってフリマに申し込みました。